タグ : 新連邦倒産法第11章

ゴルフ再生への道 1-08 ハゲタカファンドの目

ハゲタカは日本上空を舞いながらゴルフ場をどのように見ていたのだろうか。普通ハゲタカは地上に死臭が漂わなければ輪を描きながら空を舞うことはないはずだ。もう身動きできなくなって死を待つばかりの状態になった獲物を狙って上空を舞っているのだから、日本のゴルフ場は瀕死の状態にあったことは間違いない。日本の和議法や破産法、会社更生法では生かすことも殺すこともできない状態で、周りにはライオンやハイエナ、狼がうろついていた。うっかりハゲタカが舞い降りようものならば逆襲されて大怪我する。ハゲタカが安心して舞い降りるには地上の猛獣が近寄れない状態でなければならない。

 

ここで登場するのが保安官ワイアットアープが使った長銃身コルト『民事再生法』だが、原型は新連邦倒産法第11章、通称『チャプターイレブン』である。裁判所からバッジを与かった保安官=管財人は『民事再生法』を構えてゴルフ場に立ちはだかり全員にホールドアップを命じた。落城寸前、瀕死のゴルフ場は無法地帯に等しい状態だったから、何としても法の下に秩序を回復しなければならなかった。ハゲタカは管財人によって静まったゴルフ場に舞い降りたが、驚いたことに「私たちは不良債権を漁りに来たのではない。再生を助けるために資金を運んできたのだ」とコウノトリのようなことを言うではないか。

 

実際にハゲタカといわれたヘッジファンドはいずれも数千億円の資金を用意していたが、彼らは一杯の水が砂漠では途方もない高値で売れる原理を知っていたのだ。彼らはまず銀行が抱える不良債権をバルクとして二束三文で買取り、それをオフィスビル、マンション、商業施設、ゴルフ場、証券などポートフォリオに仕分けする「事故車の解体屋」のようなことを始めた。金融工学を学んでいない私はハゲタカの目も耳も頭も持ち合わせなかったから、彼らの目的も戦略も解らなかったが、無知無学とは実に恐ろしいことだと痛感した。彼らは言葉どおりゴルフ場を再生するために来たのではなく、再生を助けるために来たのだったが、私にはその根拠が解らなかった。

 

彼らがいう「出口戦略」とは瀕死の状態に陥っている事業に「緊急資金」を提供し、債権や株を担保に再生資金を貸し付けて引き上げることを意味する。自助努力を怠って再生しなければサッサと第三者に債権や株を売り飛ばして逃げることもある。20年前のゴルフ場売買は不動産取引そのもので名義変更や登記変更だけでも大変な手間隙費用がかかったが、今はM&Aと称する会社売買だから簡単に売り買いできる。ゴルフ業界でも「所有と経営の分離」が始まったから、今後は頻繁にオーナーチェンジや経営交代が起きることになるだろう。確かにハゲタカファンドにボロ儲けされたが、犠牲が大きかっただけに高い授業料を払って再生の道筋をつけて貰ったと考えなければ納得いかない。